潤沢な資金力が低金利に繋がる

銀行系のキャッシングという場合、銀行そのものが取り扱うカードローンを指す場合と、銀行の子会社や資本提携等をしている消費者金融などの貸金業者を指す場合があります。いずれにしても、銀行という業態の豊富な資金力をバックにし、利用限度額が大きくなることや、金利水準が低いことがメリットとなっています。

 

また、知名度の高い銀行がバックにあるため、信頼できる安心感があります。気を付けたいのは銀行の場合は、貸金業法の規制が適用されず、総量規制の対象となりません。そのため、年収の3分の1を超える借入れや、収入がない専業主婦でも借りられる場合があります。一方、銀行系と言われる場合は貸金業者であるのが一般的なため、総量規制の対象となり、専業主婦などは借りられないことがあります。

 

銀行系というと、手続きや審査が厳格で面倒なのではと思われる人がいますが、そんなことはありません。申し込みはパソコンやスマートフォンなどのインターネットからできるほか、フリーダイヤルのコールセンターを使うこともできます。

 

自動契約機や店頭窓口も利用可能です。専用の店舗やブースがあるところもあれば、銀行の店頭の一角に契約コーナーや相談コーナーが設けられている場合もあります。

 

低金利で借りられれば借り入れの一本化も可能で、複数のカードローンキャッシングの利用がある方はおまとめローンを使うといった借り方も考えてみると良いでしょう。